結婚と子供コミュニティ

1

結婚後も仕事を続けるための注意点

image

最近では女性の社会進出が増えてきて、働く女性が多くなってきました。しかしそれによって女性の結婚する時期が遅くなってきたという事も発生してきております。結婚時期が遅くなってきているのか今回考えてみたいと思います。
理由としては「結婚と子供」が大きな要因ではないでしょうか。やはり女性としては結婚して、子供を授かりたいという思いは非常に強いです。また子供を産める時期というのも限られてきます。そんな中で仕事が忙しく、それどころではないと結婚を後回しにしてしまい、タイミングを逃してしまうという事もあります。また結婚した後に子供ができた場合は、今度は仕事ができず、育児に時間を割かないといけないということで仕事を優先してしましそうです。
雇う側としても女性を採用するといことは結婚と子供ができるから一時的に仕事を抜けるという覚悟を持って採用する必要があります。そのことは初めから考えておくべきです。また会社も結婚後の女性へのサポートを増やす事も大事かと思います。
例えば子供ができた人のために、育児施設を充実させて、子供がいても仕事をしやすい環境を整えてあげるような事や、女性だけではなく結婚相手の男性への待遇なども改善する必要があるかと思います。
女性の社会への進出は今後の日本への影響が非常に大きいかいと思うので、ますますの充実が大事です。

 
2

出産後も仕事を続けるための注意点

image

結婚や妊娠・出産などで職場を辞めてしまう女性は今でも多いのが現状ですが、以前に比べると産前産後休暇や育児休暇がとれる職場が多くなっています。しかし会社復帰後に、会社環境の変化や子供の病気などの急なトラブルで迷惑かけてしまう不安があります。そこで出産後も、仕事をよりよく続けるために、きちんと事前に準備しておくことが大切です。
そのためには、産休前の周りとのコミュニケーションが必須です。産後の働き方についてきちんと上司に相談し、、上司を上手く味方につけましょう。もちろん上司のみだけではなく、周りの会社の方にもケアが必要です。引き継ぎ作業はノートや資料にまとめ、誰もが困らないようにしておくことです。産休前までは、体調も見ながらですが仕事を率先して引き受け、周りとの信頼関係をつくっておきましょう。そうすることにより、いい雰囲気で産休を見送ってくれるはずです。
また保育園の登録はもちろんですが、もしもの時のフォロー体制を家族で考えることです。会社復帰後に、子供の急な病気や残業はよくあることです。その時には家族で協力する体制を考えるとともに、ベビーシッターや病児保育などの民間のサービスを探しておくと便利です。結婚と子供問題は女性にとってひき離せないことですが、事前準備をしておけば安心して乗り越えることができますよ。